MENU
EC-CUBEテンプレート販売ショップ
ログイン
会員様のログイン、新規会員登録はこちらから
カート

現在カート内に商品はございません。

ECサイトにおけるブランドストーリーの重要性

ECサイトにおけるブランドストーリーの重要性

更新 投稿
ECサイトは、製品だけでなくブランドのストーリーも含めたマーケティングを行うことが大切です。ブランドストーリーは顧客に対する信頼感を醸成し、製品の印象を強化することができます。本記事では、ECサイトにおいてブランドストーリーの重要性について考察します。

ECサイトにおけるブランドストーリーを表現するページは?

ECサイトにおいてブランドストーリーを表現するページは通常、「About Us」「Brand Story」「Company History」などとして設けられています。このようなページでは、ブランドの起源やミッション、ビジョンなどの背景情報、製品やサービスの特長などを説明することができます。

なぜECサイトにブランドストーリーが必要なのか?

ECサイトにブランドストーリーが必要な理由は以下の通りです。

顧客信頼の構築: ECサイトにブランドストーリーを掲載することで、顧客に対する信頼感を高めることができます。顧客がブランドのミッションやビジョン、製品やサービスに対するこだわりなどを知ることで、製品に対する信頼感を高めることができます。
製品やサービスの印象の強化: ECサイトにブランドストーリーを掲載することで、製品やサービスの印象を強化することができます。顧客が製品に対する情熱やこだわりを知ることで、製品に対する印象を強めることができます。
顧客の選択に影響する: ECサイトにブランドストーリーを掲載することで、顧客の選択に影響することができます。顧客がブランドのミッションやビジョン、製品やサービスに対するこだわりなどを知ることで、製品の選択に影響することができます。

これらのように、ECサイトにブランドストーリーを掲載することで、顧客の信頼感や製品やサービスの印象の強化、顧客の選択に影響することができます。

ECサイトにブランドストーリーのコンテンツを作る上での3つの手順

ブランドアイデンティティの確立: まずは、ブランドアイデンティティを確立することが大切です。ブランドアイデンティティには、ミッションやビジョン、製品やサービスに対するこだわりなどが含まれます。
ブランドストーリーの構築: 次に、ブランドストーリーを構築することが大切です。ブランドストーリーは、ブランドアイデンティティを基にして作成することが大切です。
ブランドストーリーのコンテンツ作成: 次に、ブランドストーリーを元にして、コンテンツを作成することが大切です。このとき、見やすい・分かりやすい形式で作成することが大切です。

これらの手順に従って、ECサイトにブランドストーリーのコンテンツを作成することができます。

1.ブランドアイデンティティの確立とは

ブランドアイデンティティの確立とは、企業やブランドが持つ独自の意味や価値を明確にすることを指します。ブランドアイデンティティは、ロゴや色、タグライン、音楽などの視覚的な要素だけでなく、ブランドの哲学や価値観、顧客とのコミュニケーションのスタイルなどの文化的な要素も含まれます。ブランドアイデンティティの確立は、顧客にブランドを識別し、認識することができるようにすることが目的です。また、ブランドアイデンティティの確立は、顧客に対する信頼感を高め、ブランドに対する魅力を増すことに役立ちます。

2.ブランドストーリーの構築とは

ブランドストーリーの構築とは、ブランドアイデンティティを基にして、ブランドに関連する物語を作成することを指します。ブランドストーリーは、製品やサービス、ミッションやビジョン、ブランドの過去や現在、将来についてのエピソードを組み合わせて構成されます。ブランドストーリーは、顧客にブランドに対する信頼感を構築すること、顧客との繋がりを強めることなどに役立ちます。

3.ブランドストーリーのコンテンツ作成とは

ブランドストーリーのコンテンツ作成とは、ブランドストーリーを元にして、文字や画像、映像などを使ってブランドに関連する物語を伝えることを指します。ブランドストーリーのコンテンツは、ブランドアイデンティティを具体的に表現することができます。また、ブランドストーリーのコンテンツは、顧客にブランドに対する理解を深めること、ブランドに対する関心を高めることなどに役立ちます。

ブランドアストーリーがブランドを作る理由

ブランドストーリーがブランドを作る理由は以下のようなものがあります。

顧客に対する信頼感の構築:ブランドストーリーは、製品やサービス、ミッションやビジョン、ブランドの過去や現在、将来についてのエピソードを組み合わせて構成されます。これらのエピソードを通じて、顧客にブランドに対する信頼感を構築することができます。
顧客との繋がりの強化:ブランドストーリーは、顧客との共通の経験や価値観を共有することができます。これにより、顧客との繋がりが強化されます。
ブランドの魅力の増強:ブランドストーリーは、ブランドの価値観や哲学などを表現することができます。これにより、ブランドの魅力が増強されます。
顧客に対する理解の深化:ブランドストーリーは、顧客にブランドのこだわりや独自性を伝えることができます。これにより、顧客に対する理解が深化されます。

これらの要素を通じて、ブランドストーリーはブランドを作ることができます。

ECサイトにおいてブランドストーリーを表現している2つの事例

homeal

https://homeal.co.jp/

「homeal」のブランドサイトは、ママ・パパの幼児食に関する悩みを解消する具体的なサービス内容や機能性をわかりやすく、コンパクトに紹介することに重点が置かれています。このため、見出しにはママ・パパの本音を反映した内容が使われています。一方で、商品・サービスにまつわるコンセプトや世界観などのブランドストーリーは「会社概要」にて代表からのメッセージとして紹介されています。

snaq.me

https://snaq.me/

「snaq.me」は、日本全国のマルシェおやつをパーソナライズして定期便で配達するサービスです。「Story & Promise」というコンテンツがあり、そこには、snaq.meが提供する『おやつ体験』やこだわりが明示されている「Story」と、社会貢献に対する約束が表明された「Promise」が掲載されています。ページの冒頭にはブランドムービーがあり、食材の収穫から製造までのプロセスやお菓子を楽しむユーザーが収められています。このムービーは1分40秒で、ナレーションなしの音楽だけで、こだわりや『おやつ体験』のイメージを伝えます。「Story」では、サービスの立ち上げの理由がステートメントとして掲載されており、明確なコンセプトが伝わります。手書き(風)の見出しからは、ブランドの親しみやすさややさしいイメージが感じられます。「Promise」では、5つの約束がイラストとともに簡潔に掲載されています。

まとめ

ECサイトでのブランドストーリーは、顧客に対する情報提供やブランドイメージの強化、信頼性の向上などに寄与する重要な要素である。ブランドストーリーは、企業のミッションや価値観、製品やサービスのユニークな特徴などを顧客に伝えることができ、顧客がブランドに対して情熱を抱くことを促すことができます。さらに、ブランドストーリーに基づいたマーケティング活動やコミュニケーション戦略は、顧客を物理的な店舗に向かわせることなくブランドの認知度や信頼性を高めることができるともいえるでしょう。結果として、ブランドストーリーが提供するメリットは、顧客リテンションの向上や顧客満足度の向上などに繋がっていくことになるでしょう。

RECENT POST
  • ecサイト構築方法解説:初心者が知るべき費用と手順は?
  • EC-CUBE2から4へバージョンアップ。メリット・デメリット
  • EC-CUBEのバージョンアップ手順
  • EC-CUBEのバージョンアップを怠るとどうなる?危険を解説
  • EC-CUBEのバージョンアップ前に現在のデータディレクトリのチェックを!公開ディレクトリ編
  • EC-CUBEのバージョンアップ前に現在のセキュリティチェックを!アクセス制限編
null
商品一覧