MENU
EC-CUBEテンプレート販売ショップ
ログイン
会員様のログイン、新規会員登録はこちらから
カート

現在カート内に商品はございません。

BASE テンプレート無料対有料、どちらがおすすめ?

更新 投稿
BASEデザインテンプレートを選ぶ際のポイントについて、無料と有料の比較を通じて最適な選び方を紹介します。BASEはオンラインショップを構築する際に便利なテンプレートプラットフォームであり、適切なテーマを選ぶことは成功への重要な第一歩です。この記事では、無料と有料のBASEデザインテンプレートの特徴や選び方について詳しく解説します。

BASEデザインテンプレートを選ぶ際のポイント、テンプレート(テーマ)との無料と有料の比較

無料デザインテンプレートの特徴

無料のBASEデザインテンプレートは、ウェブサイトやオンラインショップを初めて立ち上げる方や予算が限られている方に最適です。簡単にオンラインショップを作成できます。無料テンプレートの特徴は以下の通りです:

コストがかからない: 利用料が無料なので、初期費用を抑えられます。
簡単に試せる: 複数の無料テンプレートを試して、自分のビジネスに合うページデザインを無料で見つけられます。
使いやすい: 設定やカスタマイズが比較的簡単で、初心者でも扱いやすいです。

ただし、無料テンプレートにはいくつかのデメリットもあります!!

選択肢が限られる。 無料テンプレートの種類は少なく、他とは差別化しにくいことがあります。
カスタマイズが制限される: 高度なカスタマイズが難しい場合があります。
最新機能やサポートが限られる: 更新やサポートが十分でないことがあり、長期的な利用には向かないかもしれません。

有料デザインテンプレートの特徴

有料のBASEデザインテンプレートは、プロフェッショナルなページデザインや高度なカスタマイズが必要な方に向いていて、簡単なにオンラインショップを作成できます。有料テンプレートの特徴は次のとおりです

高品質なプロフェッショナルデザイン: ビジネスにぴったりな高品質なデザインが揃っています。
高度なカスタマイズ性: 細かいデザインのカスタマイズやブランディングが可能です。
充実したサポートと最新の機能: テンプレート提供元からのサポートや定期的なアップデートがあり、安心して利用できます。

有料テンプレートのデメリットは、料金がかかることですが、その分機能や品質が保証されています。自身のビジネスのニーズに合ったプランを選ぶことが重要です。

ベストなBASEテンプレートを選ぶための3つのヒント

BASEを使用してウェブサイトやオンラインショップを構築する際、最適なテンプレートを選ぶことは成功の鍵です。ここでは、ベストなBASEテンプレートを選ぶための3つのヒントを紹介します。

1. ビジネスのニーズに合ったデザインを選ぶ

まず最初に考えるべきポイントは、自身のビジネスやウェブページのニーズに合ったデザインを選ぶことです。たとえば、ファッションブランドの場合は洗練されたデザインが重要ですが、飲食業界では視覚的に食欲を刺激するデザインが効果的です。テンプレートのカテゴリやデモサイトを活用して、自分のビジネスに最適なページデザインを見つけましょう。

2. レスポンシブ対応(スマホ対応)をチェックする

ネットショップの顧客は、PCやスマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスでショップを訪れます。つまり、顧客が使うデバイスに合わせて商品画像など見やすく最適化された表示を提供することが重要になります。
最近では、多くのカートサービスのテンプレートが「レスポンシブデザイン」に対応していますが、有料テンプレートの中には最終更新日が数年前のものもあり、レスポンシブ対応されていない場合もあったりします。なのでテーマのページに「レスポンシブ対応」や「モバイル対応」、「スマホ対応」といった表記があるかどうかを確認することは必須です。

3. サイトにあったアプリが存在しているか?

Baseでオンラインショップを構築する際には、選んだテンプレート上で希望するアプリを提供しているかを確認することが大切です。自分の取り扱う商品に必要な機能となるアプリをリストアップし、テンプレートのデモサイトや仕様書をチェックしてそれらの有無を確認するようなやり方をおすすめします。また追加 確認として、選んだテンプレートがプラグインをサポートしているかどうかも確認しましょう。

これらの3つのヒントを参考にして、自身のビジネスに最適なBASEテンプレートを選びましょう。適切なデザインと機能性を備えたテンプレートを選ぶことで、オンラインショップでのビジネスの成功につながることでしょう。

BASEのおすすめ無料テンプレート事例4選!

ACCENT(アクセント)  demoサイトはこちら

遊び心のあるメインビジュアルが印象的なデザイン。
エッジの効いたカラーがアクセントとなり、独創的な雰囲気を演出できます。

TIMELESS(タイムレス) demoサイトはこちら

お買いもののしやすさにこだわったデザイン。
洗練されたシンプルなデザインスタイルが、ブランドの個性を際立ててくれます。

CLASSY(クラッシィ)  demoサイトはこちら

シックで落ち着いた印象のデザイン。
余白をふんだんにとった上品なデザインはお客様に安心感を与え、ブランドの信頼性を高めてくれます。

MELLOW(メロウ)  購入先はこちら

高級感のある、エレガントなデザイン。
ブランドコンセプトを紹介しやすいパーツが最初から用意されているため、ブランディングを重視したい方におすすめです。

BASEのおすすめ有料テンプレート事例4選!

Edition  購入先はこちら

『Edition』はサイドメニューレイアウトを特徴としたデザインテーマです。
カラーリング自由なサイドバー、ヘッダーバーがカラーアクセントとなり、よりお店の個性や雰囲気を表現しやすくなっています。

Helsinki  購入先はこちら

Helsinkiはどなたでも簡単に更新できるスタイリッシュかつミニマルなデザインテンプレートです。
PC、タブレット、スマートフォンに対応したレスポンシブデザインのため、ショップを訪問する方は端末に左右されることなく快適なお買い物をすることができます。

LEVAIN  購入先はこちら

BASEデザインテンプレート「LEVAIN(ルヴァン)」は細やかなカスタマイズが可能な万能テンプレートです。
商品画像を拡大することもでき、食品の様なシズル感を大事にする商材はもちろん繊細なアクセサリーや、画像を大きく見せたいイラストといったデータ商材、化粧品、家具、雑貨など、あらゆる商材にお使いいただけます。

OULU  購入先はこちら

OULUはダークモードに対応したBASEデザインテーマです。
ダークモードに加えて、テーマカラー設定、デザインパターン、メインイメージのカスタム、コンテンツの並べ替え、YouTube背景動画、Instagramの埋め込みなど、多様な機能を網羅しています。

まとめ

デザインテンプレートを選ぶ際には、無料と有料のオプションを比較して、自分のニーズに最適なテーマを見つけることが重要です。無料のBASEデザインテンプレートは初期投資を抑えつつカスタマイズしやすく、ショップやブログに適したデザインを採用できます。ただし、選択肢や機能の制限、サポートの不安定さには注意が必要です。カスタマイズや関連サイトの活用方法を学び、自分のビジネスに合ったテンプレートを選びましょう。
一方、有料のBASEデザインテンプレートは高品質でプロフェッショナルなデザインと豊富なカスタマイズ性が魅力です。売上向上や安定したサポートを求める場合は、有料テンプレートが適しています。選び方や使い方には注意が必要ですが、効果的なカスタマイズやショップ運営のポイントを押さえて、デザインテンプレートを活用しましょう。
最終的には、無料と有料の比較を通じて自分のニーズに合ったテンプレートを選び、効果的に活用することが重要です。デザインテンプレートはビジネスの魅力を引き立てる重要な要素であり、適切な選択と活用で成功への道が拓けます。

 
RECENT POST
  • ecサイト構築方法解説:初心者が知るべき費用と手順は?
  • EC-CUBE2から4へバージョンアップ。メリット・デメリット
  • EC-CUBEのバージョンアップ手順
  • EC-CUBEのバージョンアップを怠るとどうなる?危険を解説
  • EC-CUBEのバージョンアップ前に現在のデータディレクトリのチェックを!公開ディレクトリ編
  • EC-CUBEのバージョンアップ前に現在のセキュリティチェックを!アクセス制限編
null
商品一覧