MENU
EC-CUBEテンプレート販売ショップ
ログイン
会員様のログイン、新規会員登録はこちらから
カート

現在カート内に商品はございません。

ブランディングECサイトのデザインの必要性

ブランディングECサイトのデザインの必要性

更新 投稿
少し前までは「お洒落であっても売れなければ意味はない」なんてよく言われたりしました。サイトの導線や回遊率を考慮したユーザービリティの設計などなど‥ 確かに、ECサイトにとっては、ユーザーに購入を促すための様々な機能や手法があったりしますが、時代的なもはやありふれたものになっているような気がします。なぜなら、最近のECシステムを提供してくれるbaseやmakeshop、カラーミー等の各社のサービス内容を見るかぎり、実にどれも良くできているということに気が付くからです。 では、次に必要なモノは何かと考えた時、ECサイトはどのようなベクトルに進むべきなのか?おそらくそれは、自社サイトで運営されているオーナーが共通して抱えている課題、「ブランディングデザイン」答えがあると僕たちは考えます。 単にお洒落なデザインとは違い、ブランディングデザインには見かけの意匠的な表現よりもコンセプトや意味が求められ、また説明ができるデザインでなければならない。 これらを踏まえ、この記事ではブランディングECサイトとは何か?ついて、説明したいと思います。

ブランディングがECサイトに必要な理由

商品が選ばれづらい時代

このご時世、あらゆるモノが溢れています。ECサイトにおいてもamazonや楽天でものすごい多種多様な商品が販売され世の中にも流通するようになったことで、販売競争が激化するようになりました。まさに飽和状態。これは逆の視点となる消費者の目線で考えた時、商品の機能やスペックを選択基準にして選ぶことが難しい。だって、どれもそう差がないんですから。 だったら、消費者は何を基準にして商品を購入するのか?それは信頼ではないでしょうか。「あの店なら大丈夫」「あのブランドなら」と共感して商品を買おうとしてくれるんですよね。その共感イメージは幾つかのパーツの組み合わせによって構築されると僕たちは考えています。パーツは何かというと商品そのものであったり、商品を楽しく活用できる使いであったり、商品の作り手の紹介であったり、商品を使っている人のインタビュー記事であったりといったアウトプットです。アウトプットされたパーツ達がECサイトのブランディングをかたちづくっているんです。

ECの仕掛けを見破るユーザー達の存在

ECサイトは購買機能を促進させる様々な機能があったりします。「この商品を購入した日はこれをかっています。」「お客様の評価星」「購入ランキング」など、最近では、これらの販促機能を見ないECサイトは少なくはありません。なんとか買ってもらいたい運営者側の狙いだったりするのですが、ユーザーにとっては、「これランキングってホントなの?」「マジでこのレビューは本物なのか?」 そんな冷ややかな目線でしかなくなっているのではないでしょうか。別にこれらの販売促進機能が必要ないとは思いませんが、ユーザーが心に響く機能ではないということです。ここ数年のECの普及率から考えても、日常生活においてネットショッピングは、もはや人々にとって当たり前の活動となっていますし、ECサイトオーナー側の一過性的な販促の仕掛けは見破られているかと僕たちは考えます。購買行為をシンプル考えて、人が買い物をする際は、商品価値に対して対価を支払います。価値を感じられないのであれば買ってなんてくれない。つまり「価値」の部分をしっかりと築き、ユーザーに訴求し納得してもらうための仕組みづくりをEC上にて構築することが重要なポイントとなります。

ECサイトに御社「ならでは」をつくること

ECをブランディングするってなると、なんだかお洒落で洗練されたデザインをイメージしてしまうのではないでしょうか?流行のデザインテイストを持ち込んで、とにかく現代的に美しいものにすればブランディングはOK。ってなんわけはありません。 そもそも、ECサイトに関わらず、ブランディングデザインとは、その発信者(販売元)の考えやコンセントに似合うデザインを行うことだと僕たちは考えています。 例えば、オーガニックに野菜を販売するECサイトだとしましょう。おそらくフレッシュ感や新鮮さを感じさせるデザインがイメージされるのではないでしょうか。更にいえば野菜の作っている生産者の写真や、どんな製法で作られているかの説明、また生産者の思いや、あるいは土に対する取り組みなど、考えれば考えるほど、様々なコンテンツを思い浮かべることができますよね。それらの要素の一つ一つのパーツの組み合わせによって、そのECサイト「ならでは」の世界観をカタチづくることが、ブランディングデザインとだと僕たちは思うのです。また「ならでは」の世界観を視覚的表現すれば、きっと魅力的なECサイトになることは間違いないでしょう。

ブランディングデザインのECサイトの事例紹介

嬉野茶事

https://ureshinochadoki.shop/

積奏

https://seki-sou.com/

JOURNEY

https://journey-leather.com/

和乃果

https://wanocajitu.jp/

和銀座豉

https://www.ginzakuki-shop.com/

RECENT POST
  • ecサイト構築方法解説:初心者が知るべき費用と手順は?
  • EC-CUBE2から4へバージョンアップ。メリット・デメリット
  • EC-CUBEのバージョンアップ手順
  • EC-CUBEのバージョンアップを怠るとどうなる?危険を解説
  • EC-CUBEのバージョンアップ前に現在のデータディレクトリのチェックを!公開ディレクトリ編
  • EC-CUBEのバージョンアップ前に現在のセキュリティチェックを!アクセス制限編
null
商品一覧